カイロは米国の正規医療。もみほぐし治療はしない。医療と慰安は両立しない。

96回目 骨盤部

96回目 骨盤部

カイロプラクティック医術の世界では以前から、骨盤部を重要な治療対象部の1つとしてきた。あえてここに取り上げた理由は、今日の日本におけるその治療方法/考え方に少し疑問を感じるところがあるからだ。 info@waichisato.com

骨盤部分は仙腸関節部/恥骨部をかいして上半身の重さを下半身に伝える、いわば重さの伝達路になる。下半身の力を上半身に伝えるともいえる。

とくに仙腸関節部は治療の進行過程におけるマイルストーンの役目をする。治療対象部がマイルストーンを通過しないばあい、まだどこかに治療を必要とする箇所が残っている。

*マイルストーン:本来の距離標識の意味ではない。ビジネス用語で用いる、
「大きな節目」「経過点」「中間目標点」の意味で使用した。

❖パーマー・カイロプラクティック技法
骨盤への治療は分けている:仙骨部/腸骨部/坐骨部/恥骨部。仙骨への代表的な方法が、ローガン・ベイシックになる。

ローガンは治療の進行過程において仙骨治療への有効な方法の1つといえる
・ディア―フィールド・マイナス
・SOTにおけるカテゴリーⅡ
・仙骨変位:AI-PS等に使用する。

Dr.ピィアースもローガンを多用していた。

❖ヒトの仙腸関節部は、
二足歩行で発展した。それを臥位で治療することについては「?」だ。重さの加わる方向が異なる。

ではどのように仙腸関節部を治療すれば良いのか?治療対象部が仰臥位でなく/腹臥位でもなく、立位であるという条件下が整ったという意味において
・立位で/足踏みをさせながら治療をおこなう。

この立位条件は大変重要だ
条件を無視したばあい治療は作用しない。なぜなら、身体は1秒間に1億の刺激をうける。そのため、脳には高い「刺激を防ぐブロック機構のようなものがある」。このブロックで治癒信号が脳に通じる前に消去される。

臨床におけるすべての治療後に、パーマー方式:ハカリ/下げふり糸で検査することを薦める。

コメント



認証コード2592

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional