カイロは米国の正規医療。もみほぐし治療はしない。医療と慰安は両立しない。

学習定着率

学習定着率

講義内容がどのくらい学習者に理解され記憶にのこるかという指標。
講義形式では平均5%だという。

私は1対1の対話学習形式で学びあう方法を用いてる。講義形式にくらべ学習定着率が非常にたかくなるためだ。

日本では古来から伝統的に武芸/芸道は1対1でおしえる。たとえばそこに10人の弟子がいたとしよう。教えるときは師匠はその中に1人に教える。あとの9人は「見取り稽古」になる。

1対1の教え方によって先人からの教えにさらに自分の工夫をくわえ、後進に伝えていく。流派/流儀の特徴だ。

反対に習うこともなく1代による工夫を多くのばあい、武芸/芸道では我流という。

剣術の話になる。伝わるところによると「伊藤一刀斉は下段に構えた剣士を剣をあわせることなく、一刀で切りふせた」という。流派と我流の違いがあらわれている話だ。

a:1426 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional