カイロは米国の正規医療。もみほぐし治療はしない。医療と慰安は両立しない。

FrontPage

Dr.佐藤 体表医術学校-正式名称です。

  • 体表医術学校」では世間になじみがない。「それ何」と言われるだけだ。 
    そこで米国アイオワ・パーマーを卒業したことでもあり、「カイロプラクティック医術学校」と仮に表記した。

あなた方に測量機器をつかって得た治療の真実のみを伝えます

  • 佐藤和市 BS. DC.(1980年 米国アイオワ・パーマー大学卒)
  • 治療に興味のある人は和漢構造論をクリック。

学生を募集ー私のおしえ方は1対1

講義

  • スカイプを使用。ー自宅にいて学ぶ。実技は学校でおこなう。
  • 対話形式。
  • 1対1で学びあう。 1対2とか1対3のような教え方はしない。
    • 米国立訓練研究所によればセミナーなどで座って話を聞く学習法では平均5%しか学習定着率はないという。
  • 授業は1回に1時間程度を予定している。講義は1時間をこえると集中力がおおきく低下するようだ。
  • 希望があればあなたとの話しあいで、講義時間の枠は変更可。

技法(実技)

  • 学校でおこなう。
  • 学ぶ日時は、指導者/学生/患者役との話し合いできめる。
    • 実技における患者役は卒業生/在校生を予定。*都合により一般協力者のこともある。
  • 集中度が下がるので、1日に2時間程度を上限とする。
    • あなたにも患者役→治療をうける側を経験してもらう→大切。

主たる講義内容

  • 和漢構造論
    • もともと中医/チベット医術/東洋医術の膨大な診断/観察大系をカイロプラクティック体表医術にもちこんだことに由来する。
    • いまはこれらに系統発生学/発生生物学/比較解剖学/古生物学/脊柱・関節の生体力学/音楽論をくわえた。
    • 現在進行形ではあるがその内容については自分なりの満足をえている。今日現在A4サイズ文章のみで1200㌻以上ある。

治療の第1原則

  • 治療は順位/エネルギーの質/エネルギーの大きさを治療対象部の望むものにしなければ治癒信号は脳にはとどかない。
    • 脳は1秒間に1億の刺激をうける。そのすべてが脳にとどくとしたら脳はたまったものではない。
    • 刺激は脳にとどく前にほとんどがブロックされ、脳にはわずかな信号しかとどかない。その脳にとどいたわずかな信号のうち、意識層にまでとどくのはそのまたわずかだという。
    • 正確にいえば治癒信号とは、治療対象部→脳→意識層にとどくことのできる信号をいう。
      *背骨を治療しさえすれば治癒信号が脳にとどくと主張する意見もある。しかし事実はその考えを支持してはいない。思い込みでは治療にはならない。

とう然、言葉では好き勝手な技法/理論をいえる。

  • 私は立位、絶対基準法+周波数分析法であなた方に95~98%の確立で治癒信号が脳にとどいた証拠をみせることができる。

私が教えたいこと

  • 体表医術
    • 体表医術とは鍼・灸・指圧・カイロという枠にとらわれない、身体表面からおこなう医療技術と理解してもらいたい。
    • 当然、ガクーと関節音をならしたり/揉んだり/押したり/ストレッチング/テープ貼りのような療法ではない。

私は年齢的に人生の最終コナーをすぎた。いままで色々な医術を学ぶ機会に恵まれた。漢方湯液・鍼・灸。とくにカイロプラクティック医術の世界では偉大な先人たちの教えを直接うけた、ほぼ最後の生き残り組だ。

トムソンテーブルい使いかた教えます

私は時代的にトムソンテーブル上の技術を、3人のカイロプラクターに直接教えてもらった。
・トムソンテーブルの開発者、クレー・トムソン
・トムソンテーブルの使い方を芸術の域にまで高めた、マートン・ガンステット。

・ウォルター・ピアース。
1974~5年くらいだったと思う。私は直接ピアース先生にたずねたことがあった。「ピアース技法はSOTを参考にしたものですか」と。ピアースは違うと答えた。
 
 私は今でもSOT技法をトムソンテーブル上でおこなうのが、ピアース技法だと信じている。ピアースは多くの点でSOTと類似している。SOTの欠点も、ピアースは他の技法を導入して補っている。

問い合わせ先
a:18476 t:7 y:13

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional